スポンサーリンク




積立外貨 一年積み立て外貨やってみて見えてきたこと (2019年2月)


今日の引き落としで、積み立て外貨がちょうど1年になりました。先に、現在の報告をしたいと思います。今回はグラフ月にしてみました。積み立ての引き落とし日は毎月26日です。毎月500円のワンコイン積立です。

USD(米ドル)

備考 12月と1月と落ち込んでいましたが、やっとプラスになりました。

EUR(ユーロ)

備考 ユーロに関しては、マイナスが軽減はされましたが、マイナスが出ています。

GBP(英ポンド)

備考 ポンドはユーロよりも痛手かと思いきや、さほどではありませんでした。

AUD(豪ドル)

備考 豪ドルの値動きは激しいですね。大きなマイナスでしたが、マイナスがかなり小さくなりました。

NZD(NZドル)

備考 上がったり下がったり、値動きは激しいですが現状ではプラスになっています。

CAD(カナダドル)

備考 米ドルと同じような動きをしています。落ち込みはほぼ解消された感じです。

CHF(スイスフラン)

備考 一時期好調でしたが、ちょっと弱いです。

HKD(香港ドル)

備考 年間通じてほぼマイナスはありませんでした。

BRL(ブラジルレアル)

備考 マイナスが多かったのですが、今月に入りプラスとなっております。

CNH(人民元)

備考 中国の勢いが落ちてしまっていたのか、マイナスが続いていましたが、ようやくプラスとなっています。

ZAR(南アランド)

備考 開始後常にマイナスを突き進んでいます。

SEK(SWEクローナ)

備考 2018年10月から、下がる一方です。ちょっと怖いですね。


 ◁株式なら是非こちらから(IPOにも参加できます)

~積み立て外貨預金を1年間やってみての感想~

私は世界情勢に詳しいわけではありません。しかし、これを始めてみることで、世界情勢を今までとは視線で、興味をもってニュースなど見れたら良いなと思ったのが始めたきっかけです。私はソニー(公式ページ)で契約をしています。ソニーでは月にワンコイン(500円)から、12か国の積み立て外貨預金を行うことができます。私は中国やインドなど急成長の国もありますのでいろんな国の外貨を購入してみたいと思いました。そして、一年継続して見えてきたことは、なんだかんだ言っても、結局、円高なのか円安なのかということでしょうか。正直外貨ですので、株や暗号資産のように急激に価値が上がったり下がったりはしにくいです。そして、SONYさんのホームページにも書いてあるのですが、外貨を購入し、その購入した金額よりも安く売ってしまうことで損をします。と、なると売らずにその通貨を使用するという形なら損はしない…と。いやいや、そこは違いますと思いました。その高値で買った通貨を現地に行って使ってもやはり損をしているのかなと。ただ、前の投稿にも書きましたが、プラスのときにその通貨は売ってしまい、マイナスの通貨は積み立て続けることでマイナスはほぼなくなるのではないかと思います。なぜなら、通貨ですので資産価値「0」とはなかなかならないと思うからです。しかしながら、可能性は低くても急落は実際にあり得ますのでやはり、「ローリスク、ローリターン」は間違いないようです。

さて、損益を見てみますと、現在ー300円ほどです。うーん。円貯金ならマイナスはありえませんので、300円といえど大きなものと感じます。しかし、2018年12月と2019年1月の世界的に大きく下がっているときには、ー1000程度でしたので、それに比べると…

前の投稿にも書きましたが、これは私のお小遣いでやっています。現在、500円×12通貨×12か月で72000円分購入し、71700円分の資産になっています。現在はまだまだ積み立てている金額が少ないため、上がっても下がってもさほど喜びも悲しみもありませんが、だんだんと面白くなってくると思っています。もちろん、急に下がることもありますので、是非おススメとはいいがたいですが、7万貯められたという実感もありますのでよかったら始めてみませんか?

投資をやって負けた人が良く言っているイメージがありますが、「今は下がっていて損しているけど、下がっている今が買いだから!」と。そう、今だと思うんです!

<過去記事>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)