スポンサーリンク




子供ができたらディズニーの遊び方が変わった。


2018年10月7日(日) 三連休の真ん中に来てみました。

台風がさったと後なので、快晴!

10月とは思えない気温です。31度。

人は、超!超満員!

今日は何かのお祭りに来たの?と、思うほど、、、歩くのもつらい。

その上、うちには小さな子供が2人いる。ベビーカーが邪魔でしょうがない。

でも、ベビーカーなしは、もしもの時が怖い。

そんな日にディズニーにきてみましたが、そういえば子供が生まれてから遊び方がすごく変わったなと実感しました。

なにが変わったかというと、時間の使い方、乗り物の種類、そして、最近はホテルを取るようになりました。

ちなみに今回はオフィシャルホテルのヒルトン東京ベイを予約しました。

では、どう変わったかですが、今まで電車で開演前に来ることが当たり前でしたが、今では善処するレベルに。

並ぶのも2時間待ちなどの人気のあるアトラクションをたのしんでいましたが、子供がいると、2時間なんて待てませんし、待てたとしても乗る間際にオシッコ!とかいいだすかもと考えるととてもではありません。

また、暗い乗り物にも乗れなくなり、その代わりにメリーゴーランドやティーカップに乗ることになりました。ディズニーシーなら、人魚の所にずっといることになりますよね。

そこでおススメなのですが、ホテルを取るんです!

お金はかかります。しかし!あるとすごく便利です。

本当はディズニーランドホテルやアンバサダーホテルを取りたいのですが金額が更に上がってしまいますので、、、

ディズニーランドのご飯は可愛いけど、値も張るし味も、、、ですよね。なおかつ、人が溢れていて座ることすらも厳しいです。

そこで、舞浜駅のイクスピアリとホテルを上手に使うと疲労も軽減できながら楽しめるなど思いました。

◯コースとしてはこんな感じです。

  1. 朝一でディズニー着!
  1. 午前中はファストパスを取りながらまわれるだけ楽しむ
  1. お腹が空いたら舞浜駅まで戻りイクスピアリで昼食
  2. デザートまで楽しんでエネルギーチャージして再びディズニーへ ※子供のトイレや、オムツ替えなどここでしておいた方が良いと思います。
  3. ディズニーで午前中と同じくファストパス取りながら満喫
  4. 疲れてきたら一旦ホテルにチェックインして、休憩
  5. 再度ディズニーに来て夜のパレードや人が少なくなったアトラクションを楽しむ

8.そして、ホテルでごゆっくり

いかがでしょうか。

金銭的に負担はかなりかかりますが、気持ち的にも体力的にもかなり負担が減ります。

翌日も休みの必要があったりと条件もありますが良かったら一度ご検討ください。

ちなみに、新しくなったスモールワールドは、かなり変わった気がします。

たくさんのディズニーキャラクターがいて楽しめました。

ぜひ、ご自身の目で確かめてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)